忍者ブログ
Admin / Write / Res
Wii, DS, PS3, PSP… 、そしてRPGツクール。 ゲームに関して色々書く雑記です。
フリーエリア
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア




 。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ブルーレイでの3D映像規格が決定 されたようです。
これにより、各社がこぞって準備しているとの事。
また、PS3も早くに3Dの名前を挙げています。

■増えてきた3D映画

 皆さん、映画はお好きでしょうか。

 チェックしている人なら気づいてると思いますが
今年になって「 3D映画 」が急に増えてきました。
最近だと カールじいさん~、や アバター 等。
来月だと遊戯王なんかも。
 どうやら新しい3D放映技術が開発されたのがきっかけらしいです。
144fpsという・・・。

 DVD/BD(Blu-ray)のレンタルや購入、テレビでの有料サービスなど
映画は見てても「劇場」には行かない方法が出てきて
劇場の来客数は少なからず減少している模様。

 ここで「映画館でしか見れない」という付加価値が着くことで
巻き返しを図る様子・・・。

 更にもうひとつの利点は、著作権。
映画を最近見てる人なら誰でも知ってる
上映前に出てくるあの 挙動不審の カメラ男 。
 アレが表すように 映画館での録画→流出 という
大きな問題がありますが、3Dだとそれがしにくい。

 ハリウッドも、今後3Dしか作らないとのこと。


■3Dブルーレイと普及の課題

 ・・・しかしTVで映画を見たい人はいるわけだし、
上映期間を過ぎた映画を見られない なんてのはナシ、
結局テレビでも3Dが見れる方向になってきて・・・

 3D映画 → 3DBD

この流れが今後のスタンダードとして想定されている感じで、
PS3は3DBDプレイヤーとしての価値も高まりそう。
2010年に販売開始するも爆発的な普及は見せず
2011年に起こるアナログ映像終了時、買い替えたい時などに
どれだけ3D対応テレビが揃っているか・・・、
 FF13で起爆づいたPS3の次の起爆点は3D市場になるか、
あるいは2010/5のE3あたりの発表でまた何か出てくるか、
きになるところ。

 結局3Dが劇場でしか見れないのは数年の間になりそうではある。

 また、Wiiサードの問題と同様に
「ただ単に3D映像のゲーム」なんか出ても売れるわけがなく。
 大手シリーズが3D対応ゲームとして売る事で
普及に力を貸すことになりそう。
FF15とか?

 2010春にはPS3のモーションコントローラーも発売予定。
 単純なポインティングではなく、角度まで確実に反映されるプレイの
楽しさはWii Sports Resortが証明済み。
・・・なので同じことをやっても二番煎じであるし、
上の文と同様、ただ単に対応しただけじゃ売れないし、
SCEにそんなゲームが作れそうな期待もできなくて・・・

 代わりに3Dの場合、PS3が対応した時にその中身、
コンテンツとなるのはハリウッドなどが制作した映画になるので
客は保障済みという感じが期待できる要因のひとつだったりします。
 しかしまぁ普及の昨今、
販売戦略のミスは大きく返ってくるので油断はできません。
ぜひ確実に成功させて私達に楽しい体験を提供して頂いたいものです。

 メガネ不要の3Dテレビも開発されている模様。
メガネ必須 というのは確実な障害になるので、これも
普及のためにクリアすべき課題のひとつかもしれません。

 2010年は結局様子見になりそうだけど、動向は要チェックです。
2012~2013年ぐらいになるかなぁとも思うし、
BD対応のウワサがあるWii2が3D対応したら爆笑する、変な意味で(素)
PR
Copyright ©  XMS Blog All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]