忍者ブログ
Admin / Write / Res
Wii, DS, PS3, PSP… 、そしてRPGツクール。 ゲームに関して色々書く雑記です。
フリーエリア
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア




 。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近とある書きこみやコメントを見てひとつ気づいたことを。

掲示板やチャット、メッセ、SNS、あとニコニコ動画とか、
コメントがいろいろ書き込めるところで、
最近の悪い意味での「一本化」に、何とも言えないストレスを感じていました。

例えば、高山みなみさんの声がすると「バーローw」。
なんというか、言葉で言い表しにくいんですが、
汚い言葉に喜んで反応してうん○!うん○!とテンションあげてるような
そんな小学生男児の空気を感じ取れます。
もちろんコナン関係を利用したMADとかでのコメントならまだいいんですが
全く関係ないのでそういう発言が出ると、少し異様な空気を感じます。

声優で言うと、桑島法子さんが声を当てるとそのキャラが死ぬっていう。
*「イラッ、キャラが死にまくって喜んでるキモオタアニメ群と一緒にすんな」
と内心思うところではあるんですが、

店でデサード頼んで、友人が「スイーツ(笑)」と言い出した時にも
ちょっと驚いたり。

ツクール関係でも似たような感じで
「いかに既存のものに当てはめようとするか」
という”創作を否定するツクーラー”
(というより、制作せずコメントをする人たち)
がいるのも確か。

どの例にしろ、これはこうであるという知識が固定されて
新しい発想を受け付けにくくなっている、という症状だと思います。
創作者にはあるまじき行為。


言っている当人は楽しいのでしょうが、
他人にひたすらストレスを与えるこれらの行為。
最近は、これが彼らの「症状」として現れてるんだなぁと、
とあるコメントたちで気づかされました。

というのも、これらが現象として広まっている事に
気づき始めている人がちらほら出てきてます。

彼らの声がまだ小さいですが、気づき始めたのは確か。ここも便乗で。
このがいい流れになるといいなぁ。
PR
Copyright ©  XMS Blog All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]