忍者ブログ
Admin / Write / Res
Wii, DS, PS3, PSP… 、そしてRPGツクール。 ゲームに関して色々書く雑記です。
フリーエリア
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア




 。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近テイルズ関係の話をよく目にするので、社長が訊くとか、
元テイルズファンとして思い出を書いてみる。





◆テイルズオブファンタジア

 SFC時代に「あ、RPGだ。」という感じでゲームショップで見つけて、かなりハマった記憶が。
 なんかゲーム雑誌に付いてきた小さい攻略本みたいなのをみながら、操作を覚えながら・・・と
 格闘バトルRPGは当時として珍しかったので、操作が斬新に感じました。



◆テイルズオブデスティニー

 前作が面白かったので確か発売日に買ったような。違ったかな・・・?
 結構やりこんだような。
 DEENのOPソングをいつも歌ってました。


◆テイルズオブエターニア

 発売からしばらくたって、友達から借り。1周プレイして返し。
 テイルズのキャラクターにハマりだしたのはここからでしたね。
 れっきとした「テイルズファン」となったのはこの作品からでした。
 4コマ漫画の本とか、そういうの集めまくってましたね。



◆テイルズオブデスティニー2

 実は長い間PS2もってなくて。いつぞやの「サクラ」とかのパール系の色がでた時にPS2買って
 かなり長い間、「TOD2専用機」になってましたね、マイPS2。
 自分のテイルズファンとしてのピークがここでした。
 ジューダスの秘奥義のために3周したり、SP分与奥義したり、Lv180ぐらいまであげたり
 4コマ系はコンプしてます。
 なによりキャラが好きすぎる。セリフとか かなり覚えてる。
 と、
 TOD,TOE,TOD2と来ているので「テイルズはいのまた」っていう印象が強かったんです


◆テイルズオブシンフォニアGC

 もともとスマデラのためにGC持っていたので、「あ、テイルズ新作だー」と購入。
 世界の命運とヒロインを天秤に掛ける、「あ、TOD2オマージュしてるなー」と感じました。
 クリア後に2周目やって、「ストーリー練られてるなぁ」と関心した記憶が。
 結構やりこみましたね。
 ただ・・・、
 「自分の知ってるテイルズ」と違って、ちょっとマンガテンプレなキャラたちで、
 特に嫌いではなかったんですが、TOD2ほど熱狂的にはならなかったというか。
 それと、
 ロイドが「正義って言葉を口にするな」っていうセリフあたりで「むっ!?」と感じて
 あれ?・・・いや まぁいいか。 と
 この部分、あきらかな脚本家が暴走したな、と。前後と話が繋がってないし。
 作者が憑依した単なる暴走であり、作品全体を貶めてはいないので、まぁ、いいか、と
 ・・・
 ・・・いま思えば、これがフラグでした・・・・・・・。



◆テイルズオブリバース

 いのまたテイルズ!発売日に予約買い。
 感情描写強すぎワロタっていう感じ?
 ユージーンのため息が、文字のセリフだと「・・・・。」なんだけど、声優のウマさで感情が現れてる。
 アニー→ヴェイグの諦めの恋とか、
 やっぱりキャラが好きすぎるのが復活した感じ。
 しかし、
 もともと漆黒の翼が初期登場して「あー人間たちの物語なんだな」と思ったら、
 ゲオルギアスでてきて「お前誰」でちょっと白けたし、
 ラスボスの「誰これ」感もひどい。
 TORは各シーン、キャラクターや世界観とかはいいのに、ストーリーの軸、ストーリーチャートがひどい。
 しっかりジルバがラスボスだったらどんなに評価が違ったか。
 キャラが好きなだけにもったいない。


◆テイルズオブレジェンディア

 音楽やべええええええええええええええええええええええええ!!
 しかし戦闘がやぼい。
 本編ストーリーがひどい。
 キャラクターの個性が弱い。と、あまり良いところがない感じですけど
 キャラクタークエストが泣けます。むしろ本編いらん。
 思えばここから吉積プロデューサーのいじめっこ気質がでてくるんですよね、
 セネルのいじっぱりなんか、歴代テイルズプレイヤーからいたらかわいいもんなのに
 それが更生させられるようなストーリーに怒りを覚えました。
 血の繋がらない妹 という時点で「うわーキモオタ文化がテイルズにきたうへぇ」と感じてたんですけど
 ただ、このソフトは他社発注だったため・・・、


◆テイルズオブジアビス

 藤島テイルズ。っていう時点で「やっぱりか」と感じてしまうマンガテンプレキャラたち。
 まぁそれはそれでマンガ見てるノリでみればいいので良いんですけど、
 主人公ルークの性格の悪さと、それを批難する仲間 という構図から
 レジェンディアの悪夢再来か!?と危機感。
 その危機感は、有名は有名な、某中盤イベントではっきりとしたものになります。
 それ以外から、ジェイド「子供は~だから子供」という発言からも、
 「うわー作者厨ニ(悪い意味で思春期)入り始めたな・・・」という危機感、
 テイルズオブシンフォニアで感じたあの「むっ!?」というフラグがここで回収された感じ。
 ・・・
 後半会話もろくに見ずにセリフガン飛ばしでラスボス撃破してソフト売却したのなんて
 前にも後にもこれ一本だけです。

 まさに 圧倒的独善
 主人公ならなにしてもいいような
 自分以外の人間なんて 人格はもってない といわんばかりのストーリー中のキャラ挙動。
 しかも登場人物の誰にも批判されない

 メアリー・スーの極地を見た

 ラスボスも例によって「対立してることにする」頭の狂ったキチガイだし、
 作者「はいはいつぎの脚本こうだからみんなこう動いてね」感が あまりに酷過ぎる

 ストーリーの破綻っぷりはネットを検索すりゃわんさかでてきます。
 「ティア」「ジェイド」「アニス」
 こいつらが好き勝手暴れることで、どんどん世界が悪化します。その割に、ルークをいじめる3人。


 ジアビス知らない人に説明すると、

   1・師匠「このスイッチおしなさい(押すと街が崩壊するのだ!)」
     弟子「はい師匠!」
     街崩壊
     仲間たち「弟子最低!死ねよ!」(事実は知ってます)
     パーティ解散

   2・裏切り者が仲間を売り敵襲、味方メンバーから大量の死者が出た。
     裏切り者「親を人質に取られてたんだ・・・悲劇のヒロインなの!」
     仲間「まぁ仕方ない。」
     何事も無くパーティイン!
      ↓
     (1)裏切り者「↑弟子(主人公)死ねばいいのに、悲劇ぶるな!」
      ↓
     エンディング裏切り者「人質とった悪者が死んだんで、その地位(権力者)に就きます。」

   3・暗殺者が主人公の家に入り込み襲撃!しかし失敗。
      ↓
     暗殺者が普通にメンバーインしてその家でくつろぐ。おとがめ?なにそれ

   4・ヒロイン「一般人を守るのが軍人の勤め」
      ↓
     戦ったことのない王族に対して、「戦えよ?守らないから」(意訳)
      ↓
     スタッフ「ヒロインは優秀な軍人です」

   5・メイド服・ネコ耳・妹・ツンデレ属性完備の媚びないヒロイン!!(公式発言)
      ↓
     「かわいいもの好き」属性をかわいさアップのために後付しました!(マジで公式発言)
      ↓
   6・主人公とヒロインの恋愛描写や、見直したとかまったくなく、皆無。
     そもそも中盤で仲は崩壊している
      ↓
     最後で突然「主人公、好き・・・」発言。
     は?
      ↓
     媚びないヒロインです(公式発言)

   7・ヒロインの兄が、知人の家族を殺害。
      ↓
     知人悲しむ
      ↓
     「一番つらいのはヒロインだろ」発言、そして作品レベルでこれが肯定。知人放置


   8・パーティメンバーのひとり自称ネクロマンサーが、戦場で死体あさりをしていた事実発覚。
      ↓
     それだけ


   9・とある女性の好きな人が命を落とし、その女性は泣き崩れる。
      ↓
     ネクロマンサーさんがその女性をぶっ叩く。女性「ごめんなさい」
     は?
     多分スタッフの女性への暴力欲の現れかと。DV的な。


   10・ネクロマンサー「確証がないので仲間に情報は渡しません。」口癖
      ↓
     それを言ってたら防げた事態がストーリー中数回にわたって発生。

   ・・・まだまだいろいろあります

 ストーリーの破綻っぷりがひどすぎて、例を上げてるだけでとんでもない量になっていきます。


 あんなに熱狂的テイルズファンだった自分を、
 ここまで熱狂的テイルズアンチにした

 ある意味で凄まじい作品です。アビス死ね

 その後RPGに傷心ぎみで、ローグギャラクシーを中古でやったあたりで
 「あーこれぞRPGの楽しみだなぁ」とその王道さに癒されたりしました。
 荒削りな作品でしたが、プレイヤーをいじめる作者の嫌味がないだけでも天地の差である。
 オタク受けの悪い作品ですけど。


◆テイルズオブデスティニーリメイクPS2

 テイルズファンとして気力を失った自分にできた懐古。
 戦闘がやたら面白い!
 しかし・・・キャラクター挙動、感情描写、 あきらかな 悪い意味での現代ナイズ 。
 あーあ。



◆テイルズオブヴェスペリア

 藤島テイルズということで完全スルー。
 つい最近になって動画みました。
 感想は「やっぱりか」。
 テイルズオブメアリーっぷり。



◆テイルズオブグレイセス

 ぅぁーいのまたテイルズ・・・いのまたテイルズ・・・
 藤島テイルズのクソっぷりを見るに、いのまたテイルズなら、D2スタッフならやってくれる!
 ・・・のかなぁ?
 とムチャクチャ疑心暗鬼に。
 って事でプレイ動画みました。パート1で切りました。
 いのまたテイルズでの「マンガテンプレキャラ挙動」をやられてたので・・・
 イラストとか、見た目ってのじゃなくて、挙動なんですよ重要なのは。キャラは。
 いのまた絵に、藤島キャラの思考回路がいれこまれたような感覚。
 断言する
 グレイセスは藤島テイルズであると。
 もう古きよきいのまたテイルズはどこにもないんだ・・・




もともとかなりのファンだっただけに、悔しいんですよね。
テイルズオブエターニア、テイルズオブデスティニー2がやたら好きなので。

シンフォニアの「正義アンチ」発言からフラグがたって、
レジェンディアとアビスから発病したクソっぷり
クソっぷりというより、ラノベというか「メアリーっぷり」というか。
なんていうんだろうなー
「ぼくがかんがえたさいきょうのなんたら」にも繋がるところがあるし、
まぁ
メアリーなんですよね。
そういうのが目につかない人しかついていけないんですよね今のテイルズは、
倫理観を失った、キャラの性的なファン」しかいないんじゃないでしょうか今のテイルズ。





倫理観を失った性的ファンというと、 例の 市橋ギャル 市橋シスターズ がネットでは有名かな?

google検索 - 市橋ギャル
google検索 - NEVADA事件

ふたつの流れとしては

 小学6年女児が同級生を殺害
   ↓
 「おまいら」(ネット中毒のオタクたちの俗称)
 殺害者である女児をキャラクター化して萌える。NAVADAたんハァハァ


 市橋が 某女性を強姦して殺害
   ↓
 市橋整形後のイケメン写真が公開される
   ↓
 市橋ギャル「市橋ラブ!市橋がんばってー!」
   ↓
 市橋シスターズ「面食いギャルと一緒にすんな。私たちは市橋の性格が好きで支持している」
   ↓
 おまいら「市橋ギャルたちは人間として終わってる。怒りがおさまらない」


といった感じ。
あまりに酷過ぎると思うでしょうが、ぶっちゃけ今のテイルズもコレです。
PR
Copyright ©  XMS Blog All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]