忍者ブログ
Admin / Write / Res
Wii, DS, PS3, PSP… 、そしてRPGツクール。 ゲームに関して色々書く雑記です。
フリーエリア
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア




 。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近の据え置きゲーム事情について。
今のゲーム業界は、ユーザーにとって うれしくない環境にある
といった感じがしています。



そろそろ今年末あたりから、Playstation MoveやKinectなど、
Wiiに追従したモーションセンサーコントローラーが登場します。

ただ、単純なイメージで考えて、
Wiiのようなカジュアルな層への訴求力はなくて、
コアゲームプレイエクスペリエンスのランクアップというべきか、
そこがポイントになるような気もします。

Wiiなんかでも、FPSとリモコンの親和性が高く、
好評価を受けるものもあったりしますが、そこに適するだろう
ガンシューティング系が好きな人たちはWiiを持ってなかったり。
サードの影響かコアゲーマーからの評価は芳しくない印象があるWii、
なんだかもったいない。

そういったポインタ型操作との親和性の高いゲームが
PS3などでもプレイできるとなると、ジャンルによっては大きなメリットに
なりそうです。



が、誰もが思ってるように、ブームに乗るのが遅すぎて、
というかニンテンドー3DSの存在があってか
今年の年末はそろそろ3Dの時代だよねー的な空気になってそうで
”モーションセンサー流行”が廃れそうでもあるんですけど。

この”流行”って考え方が、現状をわかりやすくするかもしれません。

そもそもテレビゲームってのが「常に存在する1ジャンル」とは
考えないようにするのがキモで、

テレビゲームが登場!すごい!
ポリゴンすごい!
タッチすごい!リモコンすごい!のような何かしらの山を作らないと
そもそも続いていかないようなものなんじゃないか、と
最近思うようになりました。



さらに最近の不況もあいまって、
「できるだけハズレは買わないようにしよう」
という心理も強まり、

さらに据え置きゲーム機によるゲームメーカーの迷走。
(サードの手抜きやマルチプラットフォームと移植。)

さらにメーカー側ではコストの問題、と

流行にのった勝ち組ハードであるWiiにコアゲームが集まらず
重量級のゲームがしたい人はPS3とXboxの取捨選択を迫られる始末。



さらに加えて、プレイヤーに不快さを与えるようにまでなってきた
JRPGとも侮称される昨今のゲーム。


で、結局大手ゲームのみに偏ってしまうという悪循環。
よくないですね。
というかニンテンドー3DSに重量級がくるならもうなんか
それだけで満足してしまいそう。

Wiiは好きなほうではあるんですが、
ネットでも言われるように、うちでも稼働率が低いです。
というかまぁゲーム自体を常時やるタイプではないんですが。
(発売日買い→数日集中プレイ派 → 以後数ヶ月プレイなし)

うーん。
やっぱり最近のゲームデザインにあるんじゃないかなぁと思ってしまう。

キャラとか絵とかグラとか音とか話とかそういうんじゃなくて

RPGだったらメニューの操作性からはじまり
経験値とかバランスとかロード時間とか、そういう感触の部分で
徹底的にこだわってゲームプレイがデザインされてるのって
やっぱり大手中の大手だけになってるんじゃないかなぁ・・・。

そういうのって言葉にしたりマニュアルにしたりしにくいものだから。
けどプレイするとそのゲームへの印象にかなり影響する要素。


安定して面白い保証がある っていのが
今なによりの強みになってるんじゃないでしょうか。
・・・ポケモンとか。
PR
Copyright ©  XMS Blog All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]